私的生活日記Ⅱ

hibi8221.exblog.jp
ブログトップ

肉焼きとブラウニー

昨日お買い物に行ったとき、たまたま研修中の人のレジに並びました。
働いていないときよく行っていたスーパーで、レジの人はほとんど見覚えがあるんだけど、その人は初めて。

昨日は牛乳石鹸青箱が安売りだったのでカゴに入れていました。
(↑実は自分では一度も使ったことがない…)
いつも食品と洗剤類はビニールを分けてくれるので、その研修中の人もそうしてくれたんだけど、
まずビニールを広げてから石鹸をバーコードに通していました。

そのときは「なんで?」と思っただけだったんだけど、
作業を見ていたら、右手が不自由だということに気付きました。

ひとつひとつの商品を持ち上げリーダーにかざす。
レジを操作する。
レジ袋を取ってカゴに入れる。
お金を受け取り、レシートとともにお釣りを渡す。

その当たり前の動作が大変そうで、でも一生懸命。
研修中だから慣れていないだろうに、頑張って早くしようという気持ちが伝わってくる。

カウンターで買った商品をレジ袋に入れていて、ちょっと涙が出てきました。
と言ってしまったら大袈裟で嘘っぽく聞こえるかもしれないけれど、
その人の頑張りぶりや働く意欲を見ていると感動したといってもいいくらい。
決して同情じゃなく。

私だったらああやって働きに出ることはできるだろうか。
丁寧に応対することができるだろうか。

誰しも口に糊するためお金が必要で、でも働かなくてもよい人なんてほんの少数。
自分ができることで一生懸命お金を稼ぐという人間の基本的な営みの大切さ、
元気で働けることの有難さを改めて感じました。

昨日はそのスーパーで、美味しそうな黒毛和牛のモモを発見。
あまりにも良かったので、逆上してふたつ購入。

しっかりサシが入っていて形もよく、タタキかローストビーフにぴったり。
ゲランドの塩をしっかり摺り込み、弱火のフライパンで全部の面をじっくり焼く。
焼き目がついたら、オーブンペーパーとアルミホイルに包んで、
デロンギのコンベクションオーブンの弱火で10分ほど焼きます。

30分ほど寝かせて切り分け。
c0355099_13442153.jpg
果たしてこれはタタキなのかローストビーフなのか。
どちらかというとローストビーフなんでしょうね。

モモとはいえかなりのサシだったので、低めのオーブンで全体に火を入れ脂を適度に溶かしたのが合っていたようで、食べてみると柔らかく、しかも生っぽさもなくちょうどよい。

室温に戻す時間が足りなかったからオーブンも併用したのですが、正解だったようです。

でもね、いつまでもわからないの。
どのくらい焼いたらいいのか、どんな火加減がいいのか。
部位もグラムもサシも毎回違う。
そんなさまざまな条件を与えられて、そのお肉に合った適正な焼きなんて、素人には難しすぎます。
みんなどうやって学習してるんでしょうねぇ。

c0355099_13442897.jpg
昨日はブラウニーも焼きました。
先日京都のお菓子屋さんで食べたブラウニーが美味しかったこともありますが、
最近見つけたブログでワタクシの持っているのと同じ本のことが書かれてあり、
この土日、久しぶりに引っ張り出して眺めていたのです。

c0355099_13573495.jpg
ミディ・アプレミディ津田陽子氏の特集雑誌。
津田氏の本は結構持っていて、内容的にはかぶっているとは思いますが、
この雑誌は見やすくて写真も綺麗で好き。

そのなかに載っている、津田的解釈ブラウニーを作ってみました。
いわゆるねっとりchewyで濃厚なブラウニーではなく、ふんわりとしたケーキっぽいブラウニー。
全卵をしっかり泡立てて溶かしたチョコレート&バターを合わせます。

泡立て加減、合わせ加減でいかようにもなる、単純だからこそ難しいお菓子なので、
私の作ったものは津田氏のものとは全く違う可能性もありますが、
説明文の食感とさほどかけ離れていないかな、と思います。
しっとりとして口溶けのよい、万人が食べやすい中庸チョコレートケーキという感じでしょうか。
ちなみに上の白いのはナッツではなくホワイトチョコレート。

ブラウニーの右に見えている波刃ナイフは、もう実に10年以上も使ったことがなかったナイフ。
というか今まで2回くらいしか使ったことがないんじゃないかしら。
昔、道具屋筋で母上に買ってもらったもの。

ものすごく刃が長いのですが、トレイベイクの切り分けには絶大な力を発揮しますね!
しかも切れ味がよい!
そしてこの雑誌に載っている波刃ナイフと全く同じメーカーのものであることに、
今回初めて気付きました…びっくり!

暑くなってきましたが、今週も頑張りましょう(^-^)

[PR]
by konejal8221 | 2017-06-19 14:16 | 家ご飯 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。